ステージ

「甲状腺がん」トップ > ステージ

ステージ

甲状腺がんステージは、そのがんの種類によって異なります。 ですから、今回は最も多い乳頭がんのステージを見ていくことにしましょう。

乳頭がんのステージは、まず年齢で分けられます。 45歳未満の場合は、大きく分けて二つのステージに分かれます。

まず、ステージT期は、甲状腺か甲状腺と隣り合っている組織、リンパ節へ癌が広がっていて、 その他の部分には転移していないという状態を指します。T期であることがほとんどでしょう。

進行すると、ステージU期となります。これは骨や肺などほかの部分に転移している状態です。

さて次に、45歳以上の場合を見てみましょう。45歳以上になるとステージは4つに分かれます。 がんの大きさと発生場所によって区別されます。

ステージT期は、甲状腺の中だけにあるがんで、大きさは2cm未満であること。 U期は、その大きさが2〜4cm未満の状態です。

ステージV期となると、がんの大きさが4cm以上か、甲状腺のすぐ外まで広がっている状態です。 気管や喉頭近くのリンパ節まで広がっているとV期だと診断されます。

最後にW期となりますと、皮膚や食道、反回神経下の組織などにがんが広がっていたり、 特定のリンパ節にまで広がっている場合を指します。

乳頭がんは、肺や骨への転移は少ないのですが、 ゼロではありませんからステージをしっかりと診断してもらい、 適した治療を行うことが大切になりますね。

甲状腺がんは、ステージが進む速度は他のがんに比べて比較的遅いようです。 身体の調子を整えるにはプロポリスサプリが良いと、口コミで広がっているようです。 医師の許可を得て、毎日の食生活にプロポリスを取り入れると、 がんに強く立ち向かえそうな気がします。