甲状腺がんの手術

「甲状腺がん」トップ > 甲状腺がんの手術

甲状腺がんの手術

甲状腺がんになると、手術が選択肢の一つに入ることは確かです。 このガンは、甲状腺に出来る痛みの無いしこりですが、放置しておくことで転移する場合もありますので、 しっかりと取り除かなければなりません。

手術と一口に言っても、その内容は様々です。甲状腺は、のど仏を中心に蝶のような形をしていますが、 左右どちらか一方に出来たのであれば、ガンが出来た方のみを摘出してしまいます。

しかし、ガンの大きさによっては全て摘出する手術となり、 後遺症の恐れも視野に入れておく必要が出てきます。声帯が隣接していますから、 手術によって声がしゃがれるなどの不具合が出る可能性もあるのです。

手術後は、アイソトープ治療も行われるでしょう。これは放射性ヨードを内服することで、 手術では取り除ききれなかったガン細胞を、体内から攻撃するためのものです。

また、甲状腺はホルモンの分泌をつかさどる器官ですが、 手術で摘出したとなると体内のホルモンバランスが崩れないよう、 やはりお薬でホルモンの量を調整する必要も出てきます。

しかし甲状腺がんの中の乳頭がんという種類であれば、 ガンの中では大人しいガンと言われるほど悪さもあまり働きませんし、 骨や肺への転移も少なく、生存率は極めて高いのです。

手術は大変ですし、予後も何かと不安になるかもしれませんが、 悲観することなく立ち向かってほしいと思います。

このガンは、倦怠感を感じることも多々ありますので、プロポリスで元気パワーを補充すると良いですよ。 医師に確認を取って毎日摂取なさることをお勧めします。