名医と甲状腺がん

「甲状腺がん」トップ > 名医と甲状腺がん

名医と甲状腺がん

甲状腺がんになったら、やはり名医に診て貰いたいですね。 手術を受けるとなれば尚更です。ですが、立ち止まってよく考えていただきたいのは、 「何を基準に名医と呼ぶか?」ということです。

甲状腺がんのほとんどは、乳頭がんといって生存率がもともと極めて高い種類のがんです。 ですが治療が遅れると転移の可能性は否めません。

名医を捜し求めるあまり、治療開始に時間がかかったり、 さまざまな情報に惑わされて悩み惑うようなことが無いようにしましょう。

名医とは何をもって言うか、しっかりとあなたの中で整理しておくと良いですね。 症例数が多く手術後の状態が良い、生存率が高いなどですと、 身近に名医はたくさんいるということになるでしょう。

一番最初に診てもらった医師とそりが合わず、転院先の医師とは意思疎通が気持ちよくできる、 という場合も「あなたにとっての名医は転院先の医師」と言えるかもしれませんね。

名医とは、その医師に心からの信頼が置けるかどうかがキーポイントとなりそうです。 執刀する相手も人間ですから、心が通う医師と出会いたいものですね。

もし、あなたにとっての名医が遠方にいる場合、通院や入院自体に労力を要することもあります。 体力が何よりも必要になるでしょうから、健康食品などを利用して、 常にガン以外はベストな状態を保つことをお勧めします。

甲状腺がんは倦怠感や疲労感も感じやすい疾患ですが、プロポリスで体にパワーをみなぎらせ、 闘病生活を後押ししてもらうと良いですよ。手術前などは医師の許可を得ると、 安心してプロポリスパワーを取り入れることができるでしょう。