甲状腺がんの原因

「甲状腺がん」トップ > 甲状腺がんの原因

甲状腺がんの原因

甲状腺がん原因について、 現在のところどの程度まで判明しているのでしょうか。 避けられる原因であれば、対処のしようがありますね。

甲状腺がんの原因として分かっている事は、以下の通りです。まず、遺伝の問題です。 家族に内分泌の癌を二つ以上発症した人がいる場合は、要注意だといえるでしょう。

遺伝は避けたくても避けられませんから、 もし髄様性の癌が多い家系にいる人は日ごろから検査を定期的に行うなどの意識が大切になります。

次の甲状腺がんの原因としては、放射能を多量に浴びたというものです。 チェルノブイリ原発事故では、放射能を多量に浴びた村民の多くが甲状腺がんを患っています。 原爆による被爆ももちろん当てはまります。

また甲状腺がんの原因に、首、頭に多量の放射能を浴びるというものが要因ということは、 治療による被爆も考慮に入れなければなりません。

しかし、甲状腺髄様がんの一部以外は、 原因がはっきりと分かっていないということも事実です。

甲状腺は、ヨウ素(ヨード)を使ってホルモンを作り出す部位なので、 海草をよく摂取する習慣のある国には比較的少ない、 あるいは発症しても予後が良好である場合が多いようです。

しかし、あまり過剰に海草類を摂取しても甲状腺に異常をきたします。 適切な量を摂取することが大切ですね。

日ごろ魚や海草を摂取しないという人は、 健康を維持するためにプロポリスを飲むことをオススメします。プロポリスサプリメントや原液などたくさんの種類が出ているようですが、自分に合ったプロポリスを選ぶとよいでしょう。