甲状腺がん

「甲状腺がん」トップ

甲状腺がん

甲状腺がんという癌をご存知でしょうか。 その名のとおり、甲状腺に発生する癌を指します。

甲状腺がんは、ある特定の人に好発するようです。アジア系の女性で、25〜60歳の年齢が多く、 さらにもともと甲状腺腫を患ったことのある人であればなおさらリスクが高くなります。

これらの条件を満たすからといって、必ずしも甲状腺がんになるとは限りませんが、 該当する人は注意しておくとよいでしょう。

甲状腺がんが発生する「甲状腺」は、のど仏の付近にあります。 蝶のような形をしていて、外から触ってもわかりません。 食べたものをエネルギーに変えるスピードや、心拍数を調整する働きをもつ腺です。

甲状腺がんには、大きく分けて4つのタイプに分かれます。 その中でも乳頭がんは、最も多く見られるタイプの甲状腺がんです。 早期発見がなされると、そんなに心配することのない癌だといえるでしょう。

しかし、甲状腺がんの中でも、未分化がんとよばれるタイプは厄介です。 発病後一年以内には死に至るとされるもので、どのような治療も効果がないといわれています。

甲状腺がんは、チェルノブイリ原発事故で有名になりましたが、 多量の放射能を浴びることで発症しやすい癌です。

甲状腺がんを未然に予防する方法として、フコイダンやプロポリスといったサプリメントを活用するという方法があります。

プロポリスは、蜂が作り出す抗菌・抗がん作用が期待できる成分。サプリメントを日々の食生活に摂り入れて、病気知らずの体になりたいものですね。